アマチュアボクシングルールにより、公式戦は35歳以上は出場することができないので、残念ながら
38歳でボクシングを始めた僕は公式戦には出場できません。非公式のオープンの大会に出場した結果を
記録しておきます。

11勝 1敗 2分(5KO,RSC)
日付大会名結果
コメント
2011年9月23日「第5回クレイゴールデングローブ」
(2R RSC)
試合の動画 です。

感想を書いたブログ
2010年5月30日「第2回フィリアボクシングジムスパーリング大会」
(ドロー)
感想を書いたブログ
2009年11月8日「第15回フィリアボクシングジムスパーリング大会」
(判定勝ち)
試合の動画 です。

感想を書いたブログ
2009年9月5日「第3回クレイゴールデングローブ」
(1R相手側セコンドタオル投入)
試合の動画 です。

感想を書いたブログ
2009年5月24日「おやじファイト石川県大会」×
(判定負け)
はるばる石川県まで遠征しての試合でやる気もあったし、精神的にも臆することはなかったんやけど、元々心配していたスタミナ不足に、減量苦が追い討ちをかけて 体が思うように動かなかった。しっかり動けたのは1ラウンドだけやったかな?(涙)。2、3ラウンドはバテバテやったんやけど、これまでの相手やったら、 だましだまし乗り切れたのが、今回の相手の方は「勝ちたい!」っていう気持ちがひしひしと伝わってくるほど、プレッシャーをかけてきて、 完全に相手のペース・距離での戦いに引き込まれてしまった。 クリーンヒットはもらわなかったけれど、手数では完全に自分の負けやった。今回の試合が一番勉強になったのは間違いない。キツイ減量をすると、試合では体が動かないことが よ〜くわかった。やっぱこの歳ではあんまり大幅な減量はやめたほうがいいなあ。今度おやじファイトにでる機会がもしあったら、1階級上げて減量無しで勝負しよ!
2009年5月17日第1回「フィリアボクシングジム シニア大会」
(判定勝ち)
半年ぶりのガチンコのスパーリングということで、やっぱりバテた。といってもフラフラになったという感覚ではなく、あんまり余裕がなかったというか 試合が進むにつれ、徐々に切れがなくなっていくのがわかった。もっとリラックスして普段のマスボクシングのような力の抜き具合でペースを握って、 要所でズバッっと強いパンチを叩き込むっていうスタイルをマスターしたい。僕の場合は、顔面にはほとんどパンチをもらうことがないから、 KOは考えずに、まずはポイントアウトすることを心がけるようにして、メリハリについたボクシングをしないといけない。 やっぱりリラックスすることがすごく大事なことやとあらためて考えさせられた試合やった。
2008年11月2日第5回「おやじ青春ファイトin 大阪」
相手は37歳でがっしりとした体格で打ち合いに応じてくれるかな?と思ったが、カウンター狙いなのか何なのかまったく自分から手を出してこない。それでも1R目は こちらのジャブが届きそうな距離で戦ってくれたので、何発かまともにクリーンヒットし上々の滑り出し、被弾もほぼなし。ところが、2R目に入ると相手が1R目よりもさらに距離をとりだした。 ジャブも届かない遠い位置まで下がりじっとしている。そこへ強引ワンツーを放つと右をすかされ中へ入ってくる。そして「よし、射程内!」って思うと、今度はさらに体を 密着させてきてクリンチ・そして何度も体ごと投げ飛ばそうとしてきたので踏ん張るのに大変やった。2R目はお互い決め手なし。3R目になっても相手の戦法はまったく変わらない。 こっちが無理に攻めに行かなかったら一体どんだけ退屈な試合になってたんやろう?って思うくらいに攻めてこない。挙句の果てにはクリンチされて、そのまま投げ飛ばされてしまった。 1R目から投げられないように必死に踏ん張っていたのだが、投げ飛ばそうとするほうがどう考えても悪いやん、って思って踏ん張らずにいたらそのままこかされたのだ。もっと早い回に投げられて いたらよかったと思う。それでもクリンチされそうになったところを何発かクリーンヒットを当て、被弾もほぼなし。きっと観ている人はつまらん試合やったと思う。 僕も欲求不満がたまったし、もみ合ってる時間が長かったからボクシンをしたっていう感覚もなかった。でも、こういう相手ともちゃんと戦えるようなボクサーにならんとあかんなと つくづく思った。自分に足りないものはよく分かってるけど、実践練習でしか習得できないよなあ〜。そのへんがもどかしい。
2008年7月27日第4回「おやじ青春ファイトin 大阪」
(1R終了後
レフリーストップ)
相手は40代の方でこれまでおやじファイトで1勝1敗の選手。久しぶりに同じくらいの身長の相手だったので、戸惑いを感じた。沢山の観客と独特の雰囲気もあって 今回はちょっと緊張してしまって普段通りのディフェンスができなかったけど、得意の右で何発かダメージを与えることができたし、課題の左も数発ジャブを 正確にヒットできた。まあ、おやじファイト初戦ということと、怪我で直前の1ヶ月はスパーリングができず実践感覚が掴めなかったことを考えたら、まずまずってことろかな。 次回のおやじファイトはもっともっとかっこしいボクシングするそ!
2008年4月29日第6回「BE STRONG 関西」クラブ選手権
(2R RSC)
周りのジム仲間ののんびりした雰囲気も手伝ってさほど緊張はしなかった。相手はギャラクシージムの24歳、経験1年、体重は同じくらい。経験も浅くスピードも無かったのでちょっと物足りない感じやったけど、意外とクリンチが上手く一気に畳み掛ける攻撃ができなかった。右はストレート、フックとも相変わらずスムーズに打てたが課題の左はまだまだ。どうしても右へ繋げるだけの弱いパンチになってしまうのでもっと左フックを自然に強く打てるように練習しないと!また今回からは足を意識して使わず前へ前へ攻めるスタイルにしてみた。このスタイルの方が合ってる気がする。
2007年10月兵庫県姫路市主催スパーリング大会
(1R RSC)
相手はフォーオールジムの大学生、体重は僕より7キロ程軽くグローブハンデ付きとなった。積極的に手数を出してくるタイプだったので先ずはディフェンス重視で様子を伺ったが中盤にカウンターの右がヒットしてそこからは一気呵成に攻撃ができた。ただ、やっぱり7キロも差があると不公平感が大きい。一発一発の効き具合が違ってくるのでできれば同じ階級の相手とやりたかった。
2007年6月ラッキースタージムスパーリング大会
(判定勝ち)
相手は某大学の3回生、1R目は相手がカメ状態で、ほぼめった打ちだったが、手数を出しすぎたことと、暑さのせいで2・3ラウンドはスタミナ切れ、2R目に不用意に右クロスをもらい、人生初のスタンディングダウンをとられたが、まともにもらったのはその一発だけ。今回もインサイドブローで減点(悔)
2007年3月ラッキースタージムスパーリング大会
(判定勝ち)
前回同様クレイジムの選手、年齢は多分20代前半、スピードがあってガードも固かったが相手の打ち終わりに右をヒットさせてペースを握れた。インサイドブローの反則で減点、まあ仕方ないか。
2006年6月ラッキースタージムスパーリング大会
(判定勝ち)
相手はクレイジムで体格が良く体重も僕より重かった。左のガードが低く簡単に右を当てることができた。1Rしょっぱなからラッシュをかけ2度ダウンを奪ったものの悲しいかな、スタミナ切れが発生!パンチはほとんどもらわなかったが、2R目は強打を放つことができず判定になってしまった。後からビデオを観て分かったのだが、連打する際の右と左のバランスが非常に悪い。右は強く打てているけれど左が全然しっかり打てず猫パンチ状態になってしまう。これを修正することが大きな課題である。
2006年3月ラッキースタージムスパーリング大会
(判定勝ち)
相手は西院ジムの高校生、僕も相手も経験数ヶ月、2ラウンドフルに戦ったが、はっきりいって内容はほとんど覚えていない。クリーンヒットはされなかったが、僕のパンチもあんまり当たっていなかったと思う。初戦というのは皆こんなもんだろう。





ショッピングカートのジョイカート

通販サイトの運用に必須のショッピングカートを導入するならぜひ、ジョイカートを利用しましょう。
CGIやプログラムの知識は必要ありません、ホームページを作成する最低限のスキルがあれば大丈夫。
ジョイカートはカスタマイズも可能で、アフィリエイトやクレジットカード決済など、他のサービスとの
連動もフォローします。月額料金1,050円からの格安で高機能、携帯にも対応したショッピングカートで、
ネットショップを運営しましょう。
詳しくは『ショッピングカートのジョイカート』をご覧ください。